さいたま 夜勤専従看護師

症状・生体機能管理技術

バイタルサインとは、体温、脈拍、呼吸、血圧の4つの事を言い、生命維持を示す兆候としてとても重要です。
バイタルサインを確認する事によって、症状の重症度や進行度、それに、治療の反応を知る事ができるんですよ。
ですから、正確にバイタルサインの測定を行なって、全身の状態や意識の状態を観察する必要がありますよね。(^?^)

 

人の体温というのは年齢によっても差がありますが、36、37度が正常値です。
年齢だけではなく、一日の時間帯の中でも差があるんです。
最も体温が上がるのは、午後2時?7時だと言われていますね。
そして、脈拍は心拍数を数える事ができて、1分間に50?60回から100回が正常な状態です。
脈拍を測定していてリズムが異常な場合は、呼吸性不整脈や、絶対性不整脈などが考えられます。
さらに、緊張の異常として、硬脈や軟脈がありますね。
呼吸の測定というのは、脈拍の測定に続いて自然な状態で測ります。
呼吸の異常としては、頻呼吸、過呼吸、除呼吸、などがあります。
異常の中でも、下顎呼吸やチェーンストーク呼吸、起座呼吸は重い症状なので注意が必要です。
そして、血圧というのは、人の生命を左右するとても重要なサインですね。
最近では、自動血圧計で測定するのが主流になっています。
ただ、これはあくまでも異常がない方に対しての測定方法で、脈拍などに異常がある場合には、
自動血圧計では正確に測る事ができません。
昔からある水銀血圧計で測定する事で、正確な値を確認する事ができます。

 

患者さんの異常に気がついた時には、まずバイタル測定を行なって、早急な対応を取る必要があります。
スムーズな処置をする為にも、バイタルサインについて良く理解しておく事が大切です。d(^_^)