さいたま 夜勤専従看護師

看護師長の本当の役割はクレーム処理だと思う!最近は患者や家族のクレームが多いし、信じられない様なクレームを平気で言ってきて呆れる・・・。

これは、良く言われている事なんですが、昔は、ドクターや看護師は患者さんよりも優位な立場、という感じがあったんです。
それは、年配の看護師を見ているととても良くわかります。
今は、患者さんからの差し入れなどは一切お断りするのが当然なんです。
でも、年配の看護師を見ていると、患者さんの家族からこっそりと貢ぎ物を貰っている人がいるんです。
昔は、看護師の機嫌を取らないと、対応を良くしてもらえない、といった風潮があって、長年入退院を繰り返している患者さんは、
看護師に対して、貢ぎ物を渡すのが当たり前だったようです。
それはあくまでも過去の話しだと思っていたんですが、今でのそのような事は続いているんです。

 

今は昔とは全く変わりましたよね。
医療者側にとっては、患者さんはお客様です。
最近は、患者さんや患者さんの家族は優位ですから、ちょっとした事でクレームを言ってくるケースが多々あるんです。
看護師やドクターの態度が横柄だとか、何かミスがあったというのなら、クレームももちろん納得する事ができます。
しかし、目やにが付いているとか、ベッドの周りが汚れているとか、看護師の仕事には関係ないような事で、
クレームを言ってくる家族が多いんです。
そのような家族に限って、滅多にお見舞いに来ないのが不思議なんですが。

 

そのようなクレームがあった場合は、どんな内容であっても、しっかり処理をする必要があります。
看護師を統括しているのは師長ですから、何か問題が起きた時には師長が対応をしています。
信じられない様なクレームを言ってくる事が多い現在、師長の役割も大変だと思います。
でも、上司ですから、どんなクレームにも対応するのが仕事です。
師長の仕事内容も、昔と今とでは変わってきているようです。