子供 基金

胃瘻も延命治療に当たるのか??嚥下が出来なくなったら、IVHか胃瘻の選択しかないけど・・・。それすら拒否されたらどうすれば良いのか・・・。

私は介護施設で働いています。
介護施設では、利用者さんの食事量が低下してきた場合に、家族にムンテラが行われます。
明らかな疾患などが考えられなくて、少しずつ食事の量が減ってくるとうのは、老衰によるものと考えられるんです。
その際に、延命希望があるのかどうかを、家族に確認しています。
家族が延命を希望した場合には、さらに、胃瘻造設やIVH、人口呼吸器を希望するのかどうかを確認します。
延命希望がない場合には、自然に任せるのかどうかを確認します。

 

でも、延命措置を希望して、胃瘻造設やIVHを希望したとしても、受診したドクターから断られる場合もあるんです。
それは、リスクが高いからなんです。
明らかな老衰の場合、胃瘻造設をするオペに身体が耐えられない場合もありますし、IVHは心臓に負担がかかるという事で、
適応外だと考えられてしまうんです。
いくらドクターの判断だとは言っても、納得できない家族は沢山います。

 

でも、実際に、リスクが高い胃瘻を作ったとしても、経管栄養を吸収する事ができない、といった事もあります。
もしそのような結果になってしまったら、苦痛を伴っただけで、何のメリットもありません。
ただ、身体の状態によって、経管栄養で栄養を摂取する事がとても有効な場合には、メリットがあります。
疾患などが原因となっているわけではなく、老衰が原因だとしても、延命措置を希望するという家族の気持ちは良くわかります。
しかし、患者さんの身体の状態によっては、延命措置が逆に命を縮めてしまったり、苦痛を与えてしまう事も沢山あります。
延命措置は諦めたほうがいい場合もある、という事を理解する必要があります。
でも、ご家族にとっては厳しい事なのかもしれません。